宇宙は常に冨んでおり、宇宙に存在するすべては貴いものである。
私たちは常に、宇宙にあふれる冨と貴さの恩恵を惜しみなく受け取りながら生きている。

・・・


冨貴電報は、雑誌形式に編集したPDFデータや音声データを二十四節気の節目にあわせて発行しています。

購読を希望される方は、お申し込みページからご登録ください。

□お申し込みページ
https://goo.gl/forms/UMDfcoy68nnQIf613

□お問い合わせ
fukidenpo@gmail.com

(冨貴電報舎:冨田)

2018年7月21日土曜日

2018年大暑号のご案内



■2018年大暑号からの配信について
2018年大暑号からの『冨貴電報』は、以下の4つの形態で皆さんの手元にお届けします。
1、朗読冨貴電報(音声形式)
これまでに発行された『冨貴電報』の各号に掲載された記事を、解説も交えながら朗読します。
時には冨貴電報以外のおすすめ書籍を紹介することもあります。

2、冨貴電報新聞
日常的にブログやFacebookで紹介している冨貴工房や各地での取り組み、養生の智慧、社会情勢、オススメの社会活動などについて紹介していきます。

3、冨貴電報vol.01〜vol.13
いつ購読を始めても、冨貴電報vol.01〜vol.13をPDFデータでダウンロードして読むことが出来ます。

4、その他
オンラインサロンの開設、冨貴電報読書会などについてもアイデアを練っています。



■冨貴電報2018年大暑号、朗読冨貴電報の内容紹介
7月23日から配信する『朗読冨貴電報』では、『冨貴電報vol.02』より、以下の記事を朗読します。
なお、購読を申し込まれた方はいつでも『冨貴電報vol.02』( PDF版)をダウンロードして読むことが出来ます。

■朗読記事目録
暦を奏でる 01 めぐりを読み、めぐみを受ける
『暦を奏でる』あらすじ
暦は譜面。宇宙の運行は音楽。そして私たちは演奏者。
愛に満ちた関係性の中で時を協奏する日々。

発酵独り言  01「発酵」そのものについての独り言
『発行独り言』あらすじ
発酵に関するひとりごと。
糀を、菌を、酵母を、土を、コンポストを、触り、香り、食しながらのつぶやき。
ひとりごとのような、何かとの対話のような、ただのつぶやきのような言葉の録音。

薬効 FICTION 01 〜効く故に、廣く用ひられる〜

『薬効FICTION』あらすじ
朝鮮人参、梅干し黒焼き、鉄火味噌、塩。
現代社会において、これらの薬効について語ることについては制限があります。
「ここで書くことはすべて現実とは何の関係もないフィクションです」という前提を設けて存分に語ります。








■購読のお申込みについて
当電報は、購読を希望される方々のメールアドレスに向けて、雑誌形式に編集したPDFデータや音声データを二十四節気の節目にあわせて発行していきます。

購読を希望される方は、お申し込みページからご登録ください。

□お申し込みページ
https://goo.gl/forms/UMDfcoy68nnQIf613

□お問い合わせ
fukidenpo@gmail.com(冨貴電報舎:冨田)

2018年7月20日金曜日

2018年大暑号からの配信について

■2018年大暑号からの配信について

2018年大暑号からの冨貴電報は、以下の4つの形態で皆さんの手元にお届けします。

1、朗読冨貴電報(音声形式)
これまでに発行された『冨貴電報』の各号に掲載された記事を、解説も交えながら朗読します。
時には冨貴電報以外のおすすめ書籍を紹介することもあります。

2、冨貴電報新聞
日常的にブログやFacebookで紹介している冨貴工房や各地での取り組み、養生の智慧、社会情勢、オススメの社会活動などについて紹介していきます。

3、冨貴電報vol.01〜vol.13
いつ購読を始めても、冨貴電報vol.01〜vol.13をPDFデータでダウンロードして読むことが出来ます。

4、その他
オンラインサロンの開設、冨貴電報読書会などについてもアイデアを練っています。

今後共どうぞ宜しくお願いします。

2017年12月10日日曜日

『食べられるお庭』





『食べられるお庭』

Edible Garden 食べられるお庭 
思い返せば ばあちゃんちには柿がなってた
思い出せば その柿は秋から冬にかけては 干し柿になってた
分け合ってた 食べてた お庭のものを 食べていた

柿に みかんに びわに 庭にびわに
分け合ってた たわわになってた
柿に みかんに びわに 梅に ぶどうに
食べられるお庭 分け合えるお庭

犬も猫もねずみも みなで食べてもあまるほどに
たわわでゆたかな 食べられるお庭

干し柿に 梅干しに びわの葉エキスに
民間療法のくすり箱 食べられるお庭

お庭で風邪をなおす 
お庭でケガをなおす

梅干しに 梅干しの黒焼きに 柿の葉に 柿の葉エキスに 柿の葉お灸に
びわに みかんに 陳皮に 漢方に 鍼灸に 
東洋医学 in my garden

記憶の庭に 今もなっている 食べられるお庭
びわに 柿に みかんに いちぢくに 
わたしに 家族に たわわなギフトが贈られる

家族に 友達に 鹿に 猿に いのししに 親戚に 
ばあちゃんに じいちゃんに 土の中のあいつらに
みなで食べる 食べられる お庭 

小さな庭が活かす命 命は庭にいかされる
ゆたかな庭を お祝いする
ゆたかな恵みを 足元にある 土が育む

土が育む 庭の たわわなくだものたちが 私たちの命を助けてくれる
多種多様な果実と野菜と野草が 庭が助けてくれる

安心が増える 健康が増える わけあうギフトが たわわに
庭にあふれるいのち わけあうことで広がるいのち 
庭からはじまる 庭からゆたかな道がひらける 
庭からはじまる ゆたかな平和

びわに みかんに うめ ぼたん
うめに うめぼし うめぼしくろやき かきに ほしがき みかんに ちんぴに 
びわに びわ茶に びわの葉エキスに 柿の葉エキスに 柿の葉茶   
ごぼんに れんこん にんじん たまねぎ びわ にら にわ

庭にあふれる めぐみの嵐が連鎖する 
季節をかもす 食べられるお庭 

命のゆたかさ育む 庭で祝う 
ゆたかな庭で祝う
あふれるめぐみに祈る 庭で祈る

庭から始まる すこやかな平和 
すこやかさのうえに平和があるから すこやかなからだを 

庭とともに 
庭とともに

エディブルガーデン 日本のふるくからのくらし 思い出す
家族でわけあう 近所でわけあう 動物たちとわけあう 微生物たちと一緒にたべる

かき みかん びわ うめぼし

『冨貴電報 vol.03 処暑号』「EDIBLE GARDENー庭を食べる 01」に掲載)

2017年10月20日金曜日

これまでの冨貴電報


PDFメールマガジン『冨貴電報』はこれまで、夏至、大暑、処暑、秋分の節に発行させていただいています。


A4サイズでプリントして2つ折りすると、写真のような感じになります。

























































































































10月23日霜降に発行する第5号の記事は、肚について語る『発酵独り言』と新連載『纏う薬』です。













2017年6月5日月曜日

『冨貴電報』発行のご案内



宇宙は常に冨んでおり、宇宙に存在するすべては貴いものである。

私たちは常に、宇宙にあふれる冨と貴さの恩恵を惜しみなく受け取りながら生きている。



豊かさと多様性にあふれるこの世界に感謝し、祝う便りとして『冨貴電報』を刊行する事となりました。

当電報は、購読を希望される方々のメールアドレスに向けて、雑誌形式に編集したPDFデータを約三十日ごと、和暦二十四節気の節目にあわせて発行していきます。

発行予定日、掲載予定記事などについては『冨貴電報blog』でご確認ください。

購読を希望される方は、以下の申し込みページからメールアドレスを登録いただくか、メール件名に「冨貴電報購読希望」と明記の上、以下のアドレスまでご連絡ください。

・申し込みページ
https://goo.gl/forms/UMDfcoy68nnQIf613


・メールアドレス
fukidenpo@gmail.com
冨貴電報事務局:冨田)